火災リスクが少ない?マンション経営でのオール電化のメリットとデメリット

火災リスクが少ない?マンション経営でのオール電化のメリットとデメリット

7662 00095 1
火災リスクが少ない?マンション経営でのオール電化のメリットとデメリット

マンションなどを中心に普及が進むオール電化住宅。オール電化住宅とは、熱を必要とするもの(調理、給湯、冷暖房等)すべてを電力で稼働させるものです。マンション住宅でもオール電化の物件は人気です。2016年4月から開始された電力自由化や、太陽光電気の普及に伴い、ますますオール電化住宅の普及は進むでしょう。今回は、マンションのオール電化住宅のメリット、デメリットについてご紹介します。

オール電化住宅のメリット

1.光熱費の支払いをまとめられる

通常住宅では、電気に加えて、ガスを使用しています。当然、電気、ガスとそれぞれの供給会社との契約が必要になりますが、その必要がありません。

2.火災のリスクが少ない

ガス調理器では、ガスを燃やすことで炎を発生させます。オール電化住宅では、IHクッキングヒーターを使用するために炎が発生しません。そのため、引火など炎の直接的な危険性はありませんが、調理器具を電気熱で加熱することで非常に高温になるため、調理中のものが発火したり発煙したりする可能性はあります。マンションの火災のリスクが少ない、とはいうものの全くゼロではないことは忘れてはいけません。

3.IHクッキングヒーターは掃除が楽

IHクッキングヒーターは、ガスコンロとは違い平らな面に調理器具を乗せて加熱を行います。凹凸がないため、吹きこぼれなどがあった場合でも、さっと拭くことができ、掃除が簡単です。

4.電気料金の削減が可能

電力自由化に伴って、各電力供給会社によってさまざまなプランが用意されています。例えば、夜間帯により電力を使う人の場合、契約プランによっては大幅に電気料金を引き下げることができます。

5.太陽光発電システムを活用できる

太陽光発電パネルを設置することで、昼間に使用する電気を自宅で発電、使用することができます。そのため、昼間の電気料金を低く抑えることができます。

オール電化住宅のデメリット

1.火力の差

IHクッキングヒーターの火力はガスコンロの火力と比較するとやはり物足りなさがあります。強い火力で一気に作る料理を好む場合は、火力が弱いと感じるかもしれません。しかしIHクッキングヒーターでも電力(熱量)が高いものもあるので、好みに合わせたIHクッキングヒーターを選ぶこともできます。また、IHクッキングヒーターは、使用できる調理器具に制限がありますので、従来ガスコンロで使っていた調理器具が使えなくなることがあります。

2.ペースメーカーへの影響の可能性

IHクッキングヒーターから、発せられる電磁波によってペースメーカーの不具合を引き起こすという事象が報告されています。また、人体への電磁波の影響については、いまだ無害という正式な発表がないため、危険とも安全とも言えない状態です。ただし、影響の可能性があるということは覚えておきましょう。

3.停電時にすべてが停止する

オール電化は、文字が表すようにすべてが電力で稼働しています。そのため、もし停電が発生した場合にはすべての電力機器を使用することができません。ただし、現代のようにほとんどの家庭では電力に頼って生活をしているため、停電時にはオール電化住宅以外でも非常に不便となることには変わりありません。

火災保険の加入料金が安くなる?

一部の保険会社では、オール電化住宅の火災保険が割引になります。これは火を使わないことで火災のリスクが低くなると考えられているためです。マンションなどの集合住宅は隣の部屋と連結しているため、火災が他へ広がる可能性が非常に高いです。火災リスクの少ないオール電化住宅のマンションはそうした意味でも、おすすめと言えるでしょう。

おわりに

マンション経営をする際、非常に重要なのは入居者の方に快適に長く住んでもらい、空室率を下げることです。オール電化住宅にはメリット、デメリットがあり、また人それぞれの好みがあります。オール電化住宅を購入した場合には、そのメリットを最大限に生かすマンションライフの提案などをしてみると入居者の方にも喜んでもらえるのではないでしょうか。