マンションを売却したのに買主からお金の支払いが行われない場合の対処法

所有しているマンションを売却するのは、オーナーにとって大変な関心事です。金額も大きく、引っ越しなども考えなくてはなりません。何よりも、自分のマンションを無事に売ることができるかどうかが心配です。

ワンルームマンションなどの売却方法には、「仲介」による方法と「買取」による方法の2つがあります。買取による売却は、不動産買取業者による買取となるため支払い不履行のリスクは少ないですが、仲介では契約と引き渡しといった段階になっても、例えば買手が決められた通りに代金を支払ってこないことも考えられます。

売却先が決まっても代金がきちんと支払われなければ、引き渡すことはできずまた新たに買手を探さなくてはなりません。

今回は、マンション売却時に買主からお金の支払いがない場合の対処法についてご紹介しましょう。

マンション売却時のお金の決済

マンションの売却をする場合、売買契約を締結するとすぐに入金されると考えている人も多いかもしれません。実際には即時入金ではなく、契約の1カ月程度後になってから決済や引き渡しが行われます。順番としては、売買契約→代金決済→マンションの引き渡し、となります。

ただし、マンションの売買は大きな金額が動くため、売買契約時に売主は代金の一部を受け取ることになります。これを「手付金」といいます。手付金の金額は特に定められていないため、売主と買主で契約時に決めることになります。おおよそ、マンション売買価格の5%から20%程のあいだで設定されることが多いようです。残りの代金は、契約で定められた期日までに指定の方法で売主に支払われます。

支払いが滞る理由

契約書を交わした後でも、売主と買主のあいだではしばしばトラブルが起こります。その中でも、代金の支払期限に関するトラブルは良くある事例です。例えば、身内に事故などの急なトラブルがあったとか、病気が発覚したなどの理由で決められた支払期限の延期を余儀なくされたり、期限になっても入金されず、連絡もなかったりする場合などが考えられます。売主としては、引き渡しの準備も進めているため、リフォームなどの費用もかかっていればそれなりのコストとなります。特別な事情がある場合は除いて、買主の一方的な都合で期限を反故にされたり、指定額の入金をしてこなかったりすると、売主としては時間的にも金銭的にも負担を強いられることになります。このような場合、売主としてはどのような対処をすべきなのでしょうか。

代金未払いに対する対処

売主は、契約書に定められた入金がない場合は、債務不履行として違約金を請求することができます。違約金については、買主と交わした契約書の内容に応じて決められます。通常は売買代金の20%までの金額で設定されており、契約違反があった時に請求できるとされています。これは、売主から買主に対してだけではなく、その逆の場合も請求可能ですので、自分のほうで契約違反がないように注意することも大切です。

マンションの売買はとても大きな金額を扱う取引ですので、契約書の内容は十分にチェックしておくことが大切です。自分に不利になるような内容ではないか、相手が簡単に契約を解除できるような内容になっていないかを、契約時には念入りに確認をしておくことが大切です。

また支払金額や期限などはもちろんのこと、手付金の金額などにも気を配ってください。買主は手付金を放棄することによって自分から解約解除をすることもできますので、あまり低い金額にしてしまうと簡単に買主都合で契約解除されてしまう場合もあります。

おわりに

マンション売買は、仲介や売却に携わる不動産会社としっかり相談しながら、納得の行く形で進める必要があります。しかし支払いが滞るリスクは0ではないため、いざというときのための対処法は知識として身に付けておくことをおすすめします。買主側で入金の遅れなどの行為があった場合は、すぐに対応を検討してください。その時のためにも、事前に契約書の内容はしっかり把握しておくようにしましょう。