共有財産にしているマンションを売却する際に気をつけるポイント

共有財産にしているマンションを売却する際に気をつけるポイント

7662 00139 01
共有財産にしているマンションを売却する際に気をつけるポイント

自分の財産としてマンションを持つ方は多いかと思いますが、この財産がもしも共有財産だった場合、どのように売却を進めれば良いのでしょうか。売却を考えた時にどのような売却方法になってしまうのでしょうか。今回は、共有財産のマンションが共有財産だった場合に売却する時とき気を付けるべきポイントをご紹介します。

[A1]

共有財産・共有不動産とは?

共有財産とは、その名の通り一つ1の財産が一人ではなく複数人で共有している状態を指します。例えば、夫婦二人で貯めてきた貯金や車、証券の名義が片方だけになっていたとしても、婚姻中に得た財産は共有財産として認められています。

また、共有財産として片方だけではなく、夫婦二人の名義で購入した一戸建てやマンションなどの不動産は共有不動産となります。共有不動産の場合、一人につき持分が存在し、複数の共有者が持分を持つことによって不動産を共有し合うことができます。そのため、『物件の中心から北側半分は自分の持分で、南側半分が相手の持分になる』というようなことはありません。所有権が複数になることを指しているのです。

トラブルも多い共有財産・不動産

財産を共有することはできるの可能ですが、それ共有することによってトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。例えば、夫婦が結婚時にマンションを購入し共有名義としたがものの、その後離婚をすることになった時ときにマンションはどちらのもの財産になるかという争いに発展することがありますケースも見受けられます

[A2]

共有名義人全員から合意同意をもらい、すべての不動産を売却する時の注意点場合

共有財産であるマンションを売却する方法を見ていきましょう。まずは共有名義人全員から合意をもらったうえでしてすべての不動産を売却するという方法です。例えば、4人の共有名義がある場合、自分以外の3人全員から売却しても良いという合意をもらわなくてはいけません。名義人全員がマンション売却に賛成している場合は売却まで順調に行うことができるのですが、1人一人でも合意を得られなかった場合は売却することはできないので注意が必要です。

共有名義人に自分の持分である権利を買ってもらう時の注意点場合

名義人同士で共有物の分割協議を行い、各名義人の持分(権利)は土地や建物のどこからどこまでなのかを明らかにし、もしも全員からマンション売却の合意をもらえなかった場合は、自分一人だけの持分を売却することはできます。また、なぜなら、上記にもあるように共有不動産は土地や建物を分割して考えるのではなく、所有権が複数になることを指しているためです。つまり、自分が持っているマンションの所有権持分を別の共有名義人に買ってもらうことで、自分は名義から外れることができますも可能です。また、権利だけではなく不動産自体を売却する場合、名義人同士でマンションの分割協議を行うことで、マンション自体を売却することは可能です。

ただし、売却したとしても共有不動産の場合、勝手に改築したり取り壊したりすることができなくいため、通常の相場と比べると値段は下がってしまいます。

[A3]

もしも共有財産であるマンションにまだ住宅ローンが残っている場合、売却することはできるのでしょうか。よくあるケースとして離婚が考えられます。

結婚時に購入したマンションに住宅ローンがある残っている状態で離婚する場合、どちらかの名義人が住み続け住宅ローンを支払い続けていく必要があるのですがけるケースもあれば、両者が手放したいと考えることも多いですケースもあるでしょう。

この場合では、マンションの価値がどの程度なのか、そしてローンはどれくらい残っているかを把握する必要があります。もしもマンションを売却したとき時の想定価格がローンを上回るのであれば、両者合意をの上得たうえでマンションを売却しローンを完済して払い、残ったお金は財産分与に回すことも1つの方法です。すれば問題ありません。

しかし、マンションを売ってもローンが残ってしまうという場合には、ローンをそのまま支払っていく支払い続ける必要があり、名義人や保証人としての責任も残ります。そのため、支払えない場合は自己破産の可能性もあります。

ただ、任意売却を行うことは可能です。任意売却では金融機関と債権者が交渉し売却を進めていきます。通常の売却では相場より低い額で売却されることも多いのですが、任意売却であれば相場とほとんど変わらない値段での売却も可能です。また、残ったローンは分割し返済していくすることができます。

おわりに

共有財産のマンションを売却する場合、一人で勝手に売却することができないといった制限や注意点が出てきてしまいますあります。また、住宅ローンが残った状態で共有財産のマンション売却を考えた場合もよく検討してから行うようにしましょう。もしもどうすれば良いか分からないという方は、一度不動産業者に相談してみると良いでしょう。


[A1]参考URL:

http://www.adire-rikon.jp/money/zaisan.html

http://www.showa-juchi.com/cntnt02.html

[A2]参考URL:

http://www.sumaistar.com/yomimono/sell/knowledge-s...

http://www.jyutaku.co.jp/column/%E5%9C%9F%E5%9C%B0...

[A3]参考URL:http://fudousan-kyokasho.com/divorce-apartment-sale-5219

http://akafuchi-law.com/tx/726.html