注目のソーシャルアパートメント。シェアハウスとの違いは?不動産投資と経営のコツ

注目のソーシャルアパートメント。シェアハウスとの違いは?不動産投資と経営のコツ

7662 00179 1
注目のソーシャルアパートメント。シェアハウスとの違いは?不動産投資と経営のコツ

数年前から若い人を中心に人気を集めている「シェアハウス」ですが、近年はシェアハウスとは少し異なる「ソーシャルアパートメント」という不動産形態が増えています。このソーシャルアパートメントとシェアハウスではどのような違いがあるのでしょうか?ソーシャルアパートメントを経営する際のコツについてもご紹介します。

ソーシャルアパートメントとは?

住人が自由に利用できる共同スペースがある

ソーシャルアパートメントは、いわゆる一般的なアパートやマンションのように、自分のスペースとなる部屋がある一方で、他の住人との共同スペースも存在する住宅形態を指します。個人の部屋の間取りはワンルームが多く、お風呂やトイレ、ミニキッチンが付いている部屋もあります。1人暮らしとしては十分な間取りですが、これに加えてソーシャルアパートメントでは住人が自由に利用できる共同スペースがあります。ラウンジやキッチン、リビングの他、シアタースペースやビリヤードといったプレイスペースなどを備えたソーシャルアパートメントもあり、住人同士がコミュニケーションを取りやすくなっています。

コミュニティーが形成しやすい物件

シェアハウスやソーシャルアパートメントの増加に伴い、住人によるコミュニティー形成にも注目が集まっています。特に東日本大震災が発生してからは、今まで以上に住人同士のつながりを意識する人が増え、ソーシャルアパートメントのようなコミュニティーを形成しやすい場所を選んで入居する人も少なくありません。

ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違い

ソーシャルアパートメントは、上記でも表したように、自分の居室スペースとラウンジやダイニングなどの共用部が付いた物件のことを指します。一方、シェアハウスは1つの住宅の中に複数人がプライベート空間を確保しつつ共同生活を行う物件。つまり、シェアハウスでは一戸建ての中に個人のプライベート空間を作り、それ以外を共同スペースとして使用するのに対し、ソーシャルアパートメントはアパートやマンション1棟に共同スペースをプラスして作られた物件です。ただ、近年ではアパートやマンション形式でもシェアハウスと呼ばれる物件もあり、線引きは曖昧になっています。

この他にも、ソーシャルアパートメントとシェアハウスの違いは、本来の目的にあります。

最近のシェアハウスは他の住人との交流目的で住む人も増えましたが、一戸建てを複数人で借りることにより1人あたりの家賃を節約するというのが、シェアハウス本来の目的です。一方のソーシャルアパートメントは最初から住人同士の交流を目的としています。

ソーシャルアパートメントの不動産投資と経営

シェアハウスとソーシャルアパートメントは近年人気の物件であり、不動産投資に関しても高い利回りが期待できます。ソーシャルアパートメントは通常のアパート・マンション物件に共同スペースが加わった形態ですから、広めの居室が確保でき、シェアハウスと比べると高い賃料を設定することができるためです。

ただし、一般的なアパートやマンションより、維持費や管理費、設備投資費がかかることは想定しておきましょう。共同スペースの設備にお金がかかることはもちろん、居室管理の他に共同スペースの管理も必要になるため、きめ細やかな管理態勢が求められます。

ソーシャルアパートメントの経営は入居者が生活しやすい住空間を提供・管理できるかどうかにかかっているため、どのような管理態勢が必要なのかもしっかりリサーチしましょう。

さらに、コンセプトシェアハウスの成功例に見られるように、特定のコンセプトを設定するのも良い方法といえるでしょう。

コンセプトを設定することで似た傾向の入居者を集めることが可能になり、住人同士がコミュニティーを形成しやすくなるためです。

入居者を制限しない、万人向けのソーシャルアパートメントも良いですが、特定のコンセプトに賛同して集まった人が長く住んでくれることにより、結果的に空室を減らすことにつながるでしょう。

おわりに

ソーシャルアパートメントは次世代の集合住宅として注目されています。ぜひ不動産投資の対象として検討してみてはいかがでしょうか。